先日のへぇ~

d0023862_1215624.jpg


動詞の変化について。

たとえば、「話す」
私が話す、君が話す、彼が話す。日本語は「誰」が話しても「話す」
イタリア語は
私(1人称単数)、われわれ(1人称複数)、
あなた(2人称単数)、あなたがた(2人称複数)
彼、彼女(3人称単数)、彼ら、彼女ら(3人称複数)
と6とおりに変化します。

さらに、それらが時性によって形を変え、
さらにさらに、主語の性別で形を変える。。。

なんと!動詞活用表によると
動詞「parlare」(話す)は89も変化するのです。
はぁ~~~~

イタリア語の動詞の総数は8000
8000×89=712000
気の遠くなるような数字です。

piano piano (ゆっくり、ゆっくり)ですね。
これ、文章では「piano piano」と書きますが、
口語では「pian piano」 だそうです。
[PR]

by ilgatto | 2005-04-13 12:03 | イタリア